太陽光パネルの自宅設置にこだわる必要はない

太陽光発電は推進したいが

太陽光発電は、発電方法の中で、最もクリーンと言えるもののひとつでしょう。風力発電のように、低周波による健康被害をもたらすこともなく、水力発電のように、大型ダムをつくって環境破壊することもありません。そのため推進したいと思う人は多いでしょうが、自宅の屋根に太陽光パネルを設置できる人ばかりではないでしょう。それに住宅地に太陽光パネルを設置すると、まぶしいという苦情も出ますし、紛争も起きているようです。

太陽光発電に協力はしたい

太陽光発電は、たしかにクリーンなエネルギーですが、住宅地に設置したことで、現実に深刻な被害を訴えている人もいるわけですから、声には出さなくても、迷惑に感じている人はかなり多いものと推察されます。別に人が密集して住んでるところにわざわざ設置しなくてもいいじゃないですか。送電ロスはありますが、ちょっと市街地から離れたところにつくったほうが無難な気がします。太陽光発電会社に投資し、そういったところで大規模に発電してもらったほうが、推進につながりそうです。

太陽光発電への協力方法

太陽光発電に協力する方法としては、投資ファンドもしくは太陽光発電会社に出資する方法があります。太陽光発電会社の一部では、パネルを販売し、そのパネルを借り受けて発電するという方法をとっています。太陽光パネルの所有者はパネル購入者ですから、会社が倒産したら、パネルは購入者に返されます。使用料を受け取って貸していただけなので、差し押さえられることはありません。投資ファンドにはお金だけ出します。どちらも新しいシステムで、よく検討して判断することが望まれます。

月々の電気料金が抑えられるなどのメリットがあるので、太陽光発電を設置する家庭が増えています。自宅の屋根に設置するなら、まずは業者に依頼して見積りを依頼すると良いでしょう。