費用についての悩みはこのように解決しよう

保険適用外になることを忘れずに

包茎手術に興味があるけれど、クリニックのサイトを覗いて諦めてしまう人も多いですよね。その理由のひとつになるのが費用です。包茎手術は保険診療外になりますので、すべて自己負担が強いられます。カントン包茎になると生活に支障をきたすレベルであれば保険診療を受けることができますが、多くの人が対象外になっていますので、費用の問題は避けて通れません。貯金をしたり、クリニックの医療ローンを使うことも考えられますが、もっと効率が良い対策方法があります。

クリニックの特徴を掴もう

クリニックによっては特別な割引サービスを行っていることもあります。主に包茎で悩むのは20代の前半までになることが多く、学生であれば学割で安くなることも。またクリニックによっては指定された日数で予約をすることによって、大きな割引を受けることができます。また地方在住者に嬉しい遠征費用を出してくれることも。このような点をよく把握していることで、医療費の問題をクリアできますので、クリニックを選ぶ際は費用の軽減について良く調べておくことをおすすめします。

このような選び方をしないように

格安で治療を受けることができるからといって、包茎の専門外であるクリニックで手術を受けようとする人もいますが、そのような選び方はお勧めできません。選ぶべきクリニックは包茎手術を専門に扱っているところです。これを怠るとどんなに安く治療を受けることができたとしても、手術痕が残ってしまうことで、新しいコンプレックスが生まれてしまうことも考えられます。安いから、近いからで選んでしまわないように十分気を付けてください。

包茎は通常時に痛みや違和感がある場合は手術が必要になる事もあるので、心配な場合は泌尿器科や形成外科に相談に行きましょう。